« 海のシルクロードの中継地・ホイアン (2) | トップページ | ベトナムにもヒンドゥ文化が! ミーソン遺跡 »

2008.03.05

海のシルクロードの中継地・ホイアン (3)

ホイアンは養蚕が盛んで良質のシルクを産出しています。観光コースにはかいこやまゆも展示され、シルクの糸を紡ぐところまで見学できます。私はシルク大好き人間ですが、ベトナムのシルクはいいですね! シルクのアオザイはベトナム女性をよりいっそう美しく見せますものね。そしてカラフルな提灯もここの特産のようです。やはり日本と趣がちがいますね。(1のみCaplio R6で撮影)

(1)Rimg00271

ホイアンはまた画家の多い街でもあるようです。旧市街にはたくさんのギャラリー兼販売所がありました。こういう落ち着いたところで芸術活動ができるなんて幸せですよね。

(2)Pict014311

(3)Pict00991

これは少数民族の民芸品のお面。扉は当時のままです。

(4)Pict01301

旧市街の中には海のシルクロード゙博物館があり、当時日本から運ばれた焼き物などが展示されいます。この博物館は実際に使われていた中国人の旧家なのですが、奥は当時のままの姿で残されています。昨日のブログで判るように旧市街の家は間口の狭い長屋風の家が多いのですが、これは税金対策のためだとか。当時は道路に面した間口の広さに応じて税金が掛けられていたので、みんな間口を狭くして奥行きの長いうなぎの寝床のような家を建てたのだそうです。シルクロード博物館(旧家)の奥には中庭があり、その先に台所がありました。

(5)Rimg00531

(6)Rimg00561

さて、10分間で旧市街の家並みを撮影し、いよいよ市場に戻ってきました。どこに行っても市場は活気がありますね! ホーチミン市とは違ってここの物売りのおばさんはとてものんびりして穏やかでした。ガイドさんによるとホイアンは犯罪が少ないと言っていましたね。

(7)Pict01491

(8)Pict01651

この道を抜けると私たちの車が待っている新市街地になります。ホイアンの旧市街地がすっかり気に入った私たちはいつの日かまたここを訪れようと話しながらこの道を歩きました。

(9)Pict01611_2

(10)Pict01781

« 海のシルクロードの中継地・ホイアン (2) | トップページ | ベトナムにもヒンドゥ文化が! ミーソン遺跡 »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真 風景」カテゴリの記事

街角風景」カテゴリの記事

コメント

電線が低い位置で張ってあるのですね。

笊をお面にしているのかな?
そのお面のお写真の右奥は恵比寿様でしょうかね?

今日も楽しいお写真に感謝です。

clover枯露柿さん
電線は昔のままの位置なのでしょうね。ホー市でもすごく目立ちますが、これより高いところにはってありますよ。
笊の裏に顔を描いてお面にするなんて面白い発想ですよね。壁にかけても面白いし。実際にかぶっている写真を見たことがありますよ。娯楽の少ない昔はこうやって楽しんだのでしょうね。

今回は1、3、4、8、10枚目にシビレました~。
どれも異国の生活の匂いを感じさせてくれる、作品ですね。

clover純さん
ありがとうございます。異国の物は写欲が沸きますね! 特に私は生活の匂いのする写真が好きなので撮らずにはいられませんね。できたら田んぼの中のベトナム農民や漁港のおじさんなども撮ってみたいです。

ホイアンという地名は初めて知りましたが、いろんな国の文化が入り混じったような不思議な雰囲気ですね。
道端で売られている物を見て歩くだけでも楽しそうです。

cloverlegatoさん
私も夫がベトナムに来なければ全然知らないまま人生を終わったでしょうね。
ホーチミン市よりお買い物もそぞろ歩きも楽しいですよ。道端の売り物は生活の物が多いですね。ベトナム人は野菜も行商のおばさんのところで買うみたいですよ。一番安いと言っていました。

camera こんばんは
前回に続きいいですねー。
道路が歴史を物語っています。芸術や美術に心が動くということは安全と、生活の余裕が感じられ、大変良いことですし、そこに目の行った瑠璃さんの観察眼もたいした物です。
私も、ギャラリーを開いて、私の写真を展示したら売れるかなぁーcoldsweats01note
売れる訳無いかぁsign02

cloverイソップさん
ホイアンの旧市街を歩いてみると生活の余裕があるときに芸術活動が活発になるって実感できますね。芸術を理解できて保護できる人もまた余裕がないとできませんものね。
ホイアン、いいところでした!
ギャラリーをぜひ開いてください! 写った被写体が古くなっても芸術性は普遍ですものね。

こんばんわ。
1枚目の提灯、カラフルで形も様々で面白いですねー。
4枚目の笊面がまた素晴らしいです、描かれた表情が
実にユニークですね。
6枚目の屋根、こんな特徴のあるのは初めてみました。
9枚目の風景は好きですね、特有の風景に活気があっていいですね。(^^)

clovertusima-kajiさん
民芸品もお国柄が違うとまた違った感じで楽しいですね! 生活に密着して歴史を生き延びてきたのでそれなりいいものがありますよね。
瓦屋根は造りが立派ですよね。苔が生えて歴史を感じます。古い街っていいものですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 海のシルクロードの中継地・ホイアン (2) | トップページ | ベトナムにもヒンドゥ文化が! ミーソン遺跡 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa