« フエのドンバー市場でであった人々 | トップページ | 独り旅が似合うフエ王宮(阮朝王宮) »

2008.03.08

古都フエで宮廷料理を食す

ベトナムの京都と称されるフエ。お寺の数が100あまりあり、1802年から1945年まで都が置かれていました。今回は阮王朝時代の宮廷料理ディナーがツアーに含まれていたのでご紹介します。阮王朝時代の宮廷料理は何十種類もお皿が運ばれたそうですが、現在(ツアーの料理)は10種類でした。店内が暗く色も汚い画像になりましたがお許しください。

(1) 人参の龍が載った前菜。さすが宮廷料理! すごい飾りに驚いていると、夫が飾りの人参を食べてはいけないと言いました。人参がおいしくないのかと思ったら、この飾りは何度も利用するからだとか。飾りはすごいけれど、食べられる前菜はちょこっとだけ。さすにに宮廷料理はお上品でした~。

Pict01811

(2)次もすごい飾りです。食べられるのは二尾のエビだけ。下の羽の飾りも芸術作品でしが、これも食べてはいけません。宮廷にご縁のない私たちは、いちいち聞いてから食べました。

Pict02101

(3)バナナの皮に包んだ生春巻き風の食べ物。次の日のランチにも同じjものが登場。ランチのほうがおいしかったです。

Pict02201_2 

(4) メインの焼き飯。焼き飯って宮廷料理なんでかねぇ? 日本じゃその辺の食堂でも食べられますけどね。

Pict02211

(5) メインコースの最後はお鍋。たらちりでしたが、こんなお料理が宮廷料理なら、我が家ではしょっちゅう宮廷料理をお出ししていますわ。

Pict02381

※因みにどの宮廷料理がお気に召したか殿に伺うと、焼きそば(写真にはありません)とのお返事。さすがに高貴な殿は宮廷料理がお口にあっていらっしゃいました。

(6) 庶民の食べ物も気になったので、フエの市場で撮ったショットもお見せしますね。

Rimg01021

(7) 確かにホーチミン市とは違いますね。小さいお皿の料理がいくつもあります。

Rimg00961

(8)

Rimg00851

(9) ここからはホーチミン市の庶民の食事。長屋の屋台です。

Pict01421

(10)

Pict03981

(11) ホーチミン市のオフィス街の屋台。どんぶりがあるところを見ると、フォーのようですね。

Pict05661

« フエのドンバー市場でであった人々 | トップページ | 独り旅が似合うフエ王宮(阮朝王宮) »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

街角風景」カテゴリの記事

コメント

宮廷料理、ちょっとしょぼい感じしますね~。(笑)
今回は6、9、11枚目にシビレさせて頂きました。
6枚目は、おばさんの笑顔が効いてますね~。
11枚目は、屋台の背景に近代ビルを配したところが秀逸ですが、
女の子がまた効いてますね。
9枚目、このままでも素敵ですが、敢て小理屈を
言わせて頂くと、
もう一歩踏み込んで、背景の2階の女性の顔が見えるポジションで、手前の女性の足先が切れないワイドレンジで撮られたら、凄い傑作になったかと思います、

なんとっ、宮廷料理は食べてはいけない飾りだけの食べ物が
出てくるんですか!そらあきまへん、私は料理で出された物は
何でも食べてしまう方ですから、とてもこんな処で食事はできませんねぇ。(笑)

という訳で今回は庶民の食べ物に惹かれました。
6、7、8、10枚目が好きですね、特に10枚目の焼き鳥(焼肉?)は美味し
そうですねー。(^^)

camera
少ない光量の中、頑張りましたね。しかも、タングステン光で。
写真だけだと名前ほどたいした料理でもなさそう。こんな事言うと殿に叱られるかな?
屋台の料理は、開放的でしかも美味しそう。日本の下町の鉄板焼きかもんじゃ焼きを思い出させるようです。
これが庶民の味なんでしょう。

ベトナムのいろいろなことが写真から伝わってきます。
笑顔がとても良いので言葉は違っても何か通じるものを
感じます。
食べてはいけない飾りの宮廷料理、とてもユニークで
何回も使えて無駄が少なくいいなぁと思いました。

clover純さん
お返事遅くなってすみません。郊外まで遊びにいっていました~。
フエの宮廷料理、日本人のほとんどが殿様ですね!
9枚目、純さんに言われるまで2階の女性に気がつきませんでした。まだまだダメですねぇ~。もっと周りもよく観ないとだめですね! 有益なアドバイスありがとうございます。次回に活かせるようがんばります。

clovertusima-kajiさん
本物の野菜で作ってるのに食べられないなんて、本当に面白いですよね! 屋台のバーベキューのようなもの、私も食べたいな~と思いながら撮りましたよ! 庶民の食べ物も活力がでそうでしょう?

cloverイソップさん
私の後ろが壁で引いて撮れないので辛かったです。店内の光も暗くて苦労しました。タングステンになるのですね。何も知らないまま撮ってました。光のこともっとよく勉強しないととっさのときに困りますね。お料理は日本人にお馴染みのものが多く、宮廷料理?っ感じでしたね。
屋台は活気がありますよね。みんなおいしそうに外でわいわい言いながら食べてます。何が幸せか色々考えさせられる街ですね。

cloverdatianさん
お料理を撮るとき、datian さんに助けて!って国際電話を掛けたかったです! あのディフューザーがあればな~。
遣いまわしの飾り、面白いですよね。お国が違うといろいろ面白いですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フエのドンバー市場でであった人々 | トップページ | 独り旅が似合うフエ王宮(阮朝王宮) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa