« ホーチミン市のクリスマス風景 | トップページ | ピンチョの丘から眺めた夕陽 (ローマ) »

2009.02.03

ビエンチャン(ラオス)にて メコン川に沈む夕陽

旧正月のビエンチャンを旅してきました。26~29日までラオスの首都ビエンチャンに滞在したのですが、27日の夕方、自由時間が取れたので、ホテルから歩いてメコン川沿いを散策してきました。

ビエンチャンのこの時期は乾期で旅行するには一番適しています。でも乾期ということはメコン川に水量がないことでもあるのです。ホテルから10分くらい歩いてメコン川の近くにたどり着きました。

(1)ポツン、ポツンと路上にお土産さんがありました。木に簡単な布をぶらさげそこにラオスらしい絵が貼り付けられていました。その中に夕陽の絵を発見! そうだ、記念に夕陽を撮ろうと思い立ったのでした。

Pict000411

(2)でも露店の近くに川はあるのですが、現地人の家を抜けないと川に出ることはできそうにありません。ラオス語もできず、ニワトリがあちこちにいるので、家を抜けて川にでるのは気がのりません。

Pict00061_edited1

少しうろうろしてみましたが、夕陽撮影ができそうなところはありません。急がないと日が沈みます! 方向転換して今来た道を戻り、そのまま歩いてみました。すると川沿いに何軒かカフェやレストランがあります。やった! インドネシアのバリ島に行った時、夕陽の鑑賞スポットには必ずレストランがありあした! 探す足取りも軽く、心が弾みす! 案の上夕陽が見えるではありませんか!

(3)

Pict001211

(4)う~ん、悪くないけどもう少し水が欲しいな~。しかし乾期というのはこれほどまで水量が少なくなるとは……。何とか水のあるところを探し出しましたが、人がまばらで絵になりません。急がないとどんどん夕陽が沈んでいきます!

Pict00191

(5)さらに歩いて行くと、何とか絵になりそうな場所がありました!

Pict0026_edited11

(6)もう少し右に移動してみると……。うん、行けそうです! ここで陽が沈むまで数枚撮りましたが、これ一枚だけ人物がちゃんと夕陽を見ていました! でもこの画像に気づかず、もう一つのブログ「瑠璃色の光を探して}の方には人物がよそを向いている画像をアップしてしまいました。最初の数枚が全部よそ見をしていたので、てっきりずっと夕陽の方を見てないのだと勘違いしてました。

Pict0033_11edited2

(7)一枚だけでも意図した画像があってよかった! 今回載せたすべての画像はアスペクト比を変えたときにトリミングしただけで、画像はいじっていません。反省材料としては、少し大きな範囲の画像を撮り、トリミングできるようにしておくべきだということです。のんびり癒しのビエンチャン旅行でしたが、思いもよらぬ夕陽まで撮影できてとてもハッピーでした。

Pict00371

※何しろちゃんと夕陽撮影を習ったわけではないので、我流で撮りました。露出を変えたり、WBを変えたり、PCで少し色をつけたり……。素人の我流撮影ですので、間違っていたりアドバイスなどありましたらどうぞよろしくお願いします。

« ホーチミン市のクリスマス風景 | トップページ | ピンチョの丘から眺めた夕陽 (ローマ) »

写真」カテゴリの記事

写真 風景」カテゴリの記事

旅の想い出」カテゴリの記事

コメント

夕陽は世界共通かと思ったら、なんか違いますね。それだけ太陽に近いせいなんでしょうか?
だいぶ苦労されたようですが、十分に報われていますよ。
水面の面積からすれば(5)枚目、(7)枚目は意表を突かれたという面白さがあります。
WBは太陽光かオートで良いと思いますし、あまりPCでいじると(3)のように不自然になってしまいますので・・・
構図的には(6)の下の人影をカットした方が良かったですね。

瑠璃色の光を・・・にコメを入れたんですが、打ち込みがうまく行きませんでした。こちらにはちゃんと入るので、パソの故障ではなさそうですか、原因は不明です。

やはり日本の夕陽と少しちがいますよね。
何しろその場の思いつきで撮ったので、あわてました。
日頃から夕陽撮影の練習をしてないといけませんね。
PCでいじらないようにしますね。やはり変ですものね。

エキサイトはうまく反映されないことがあるようです。お忙しいのにすみません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホーチミン市のクリスマス風景 | トップページ | ピンチョの丘から眺めた夕陽 (ローマ) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa