2009.02.03

ビエンチャン(ラオス)にて メコン川に沈む夕陽

旧正月のビエンチャンを旅してきました。26~29日までラオスの首都ビエンチャンに滞在したのですが、27日の夕方、自由時間が取れたので、ホテルから歩いてメコン川沿いを散策してきました。

ビエンチャンのこの時期は乾期で旅行するには一番適しています。でも乾期ということはメコン川に水量がないことでもあるのです。ホテルから10分くらい歩いてメコン川の近くにたどり着きました。

(1)ポツン、ポツンと路上にお土産さんがありました。木に簡単な布をぶらさげそこにラオスらしい絵が貼り付けられていました。その中に夕陽の絵を発見! そうだ、記念に夕陽を撮ろうと思い立ったのでした。

Pict000411

(2)でも露店の近くに川はあるのですが、現地人の家を抜けないと川に出ることはできそうにありません。ラオス語もできず、ニワトリがあちこちにいるので、家を抜けて川にでるのは気がのりません。

Pict00061_edited1

少しうろうろしてみましたが、夕陽撮影ができそうなところはありません。急がないと日が沈みます! 方向転換して今来た道を戻り、そのまま歩いてみました。すると川沿いに何軒かカフェやレストランがあります。やった! インドネシアのバリ島に行った時、夕陽の鑑賞スポットには必ずレストランがありあした! 探す足取りも軽く、心が弾みす! 案の上夕陽が見えるではありませんか!

(3)

Pict001211

(4)う~ん、悪くないけどもう少し水が欲しいな~。しかし乾期というのはこれほどまで水量が少なくなるとは……。何とか水のあるところを探し出しましたが、人がまばらで絵になりません。急がないとどんどん夕陽が沈んでいきます!

Pict00191

(5)さらに歩いて行くと、何とか絵になりそうな場所がありました!

Pict0026_edited11

(6)もう少し右に移動してみると……。うん、行けそうです! ここで陽が沈むまで数枚撮りましたが、これ一枚だけ人物がちゃんと夕陽を見ていました! でもこの画像に気づかず、もう一つのブログ「瑠璃色の光を探して}の方には人物がよそを向いている画像をアップしてしまいました。最初の数枚が全部よそ見をしていたので、てっきりずっと夕陽の方を見てないのだと勘違いしてました。

Pict0033_11edited2

(7)一枚だけでも意図した画像があってよかった! 今回載せたすべての画像はアスペクト比を変えたときにトリミングしただけで、画像はいじっていません。反省材料としては、少し大きな範囲の画像を撮り、トリミングできるようにしておくべきだということです。のんびり癒しのビエンチャン旅行でしたが、思いもよらぬ夕陽まで撮影できてとてもハッピーでした。

Pict00371

※何しろちゃんと夕陽撮影を習ったわけではないので、我流で撮りました。露出を変えたり、WBを変えたり、PCで少し色をつけたり……。素人の我流撮影ですので、間違っていたりアドバイスなどありましたらどうぞよろしくお願いします。

2008.05.17

赤間宿界隈を散策してみました

赤間(宗像市)には参勤交代のために作られた唐津街道があり、赤間宿と呼ばれていました。街道沿いには今でも当時の家業をそのまま続けている商家もあり、なかなか興味深いところです。辺りの様子も交えて赤間宿を見てみたいと思います。

(1)唐津街道はJRの教育大前からすぐのところにあります。大学があるせいかこの辺りは住宅地になっていますが、少し離れると農家がたくさんあります。こうやって写真を撮ってみると、唐津街道は川の流れと同じ方向で作られてるのが判りますね。川の左手に唐津街道があるのですが、その昔、参勤交代のお殿様もかごの中からこの山を眺めたにちがいありません。

Dsc014421_3

(2)少し離れるとこんな風景が広がっています。

Pict07481

(3)

Pict00331

(3)さて唐津街道ですが、最も当時の様子を残しているのが造り酒屋の勝屋さんです。

Dsc012851

(2)寛政2年の創業だそうです! 

Dsc012731_edited1_2

(3)こちらは出光石油の創始者、出光佐三氏の生家。(1)で見た山が遠くに見えます。

Dsc016811

(4)店は閉じていますが屋号をちゃんと残していますね。

Dsc014151

(5)

Dsc0159612

(6)こういう町並みが街道の両側に続いています。

Dsc010571

(7)唐津街道の入り口に須賀神社があり、宗像三賢人の一人「節婦阿政」が祀られています。なぜお政さんが賢人なのか調べてみると……現代の尺度とはちょっとちがうような気もしますね~。

両親を早く亡くしたお政は、ある日家督を継いだ親代わりの兄夫婦から縁談を勧められます。相手は大庄屋の息子です。でも父の遺言でお政には本家筋に当たる許嫁(いいなづけ)がいたのです。彼はとても貧しいので、兄夫婦はお金持ちの庄屋の息子との縁談を強く勧めます。育ててくれた兄夫婦への義理もあり、かといって父の遺言も無視できず、お政さんは悩んだ挙句とうとう自害してしまいました。頼山陽の著書にもこのお政さんが出てくるそうですよ。う~ん、現代の尺度だとどうなんでしょうね?

Dsc009861_edited1_2

唐津街道から車で10分くらい行くと、正助ふるさと村というところがあるのですが、正助さんはとても親孝行だったそうです。きっと宗像の人は親孝行で礼節をわきまえた人が多かったのでしょうね!

唐津街道の町並みは「瑠璃色の光を探して」にも載せています。

2008.04.22

桜咲く春の舞鶴公園(2)

福岡の桜の名所、舞鶴公園で撮った2008年の桜です。交通の便がいいのでついここへ足が向いてしまいます。舞鶴公園といっても、お堀端の桜や、ボタン園の枝垂桜、福岡城跡の桜、大濠公園に隣接した広場の桜など、見所が点在しています。桜が満開に近づくと、桜の下には大きなビニールシートが置かれ、なかなか思うような位置で撮影できなくなるのが辛いところです。それでも日本人の心を揺さぶる桜を今年も撮影できて幸せでした。

(1)

Pict0436112_edited1

(2)

Pict004411_edited1

(3)

Pict01521

(4)これは3月末に下見に行ったときの画像です。うす曇で時折日が差していました。

Pict03191

(5)

Pict059011

(6)

Pict022011

まだまだ桜の画像はあるのですが、これだけ時間が経ってしまうとupする意欲が半減しますね。今回は諸事情で編集に時間がかかりすぎました。ブログはやはり旬の画像がいいですね~(反省)。 それでも歩行困難な両親の介護をしながら、香椎宮、近所の桜。舞鶴公園の桜が撮影できました。おかげさまで両親がずいぶん回復し自力で歩行ができるようになりました。勇気付けてくれた桜にも感謝ですね!

2008.04.20

桜咲く春の舞鶴公園(1)

福岡ではとっくに桜の時期は過ぎましたが、雑用に追われてなかなか画像の編集できませんでした。今年も舞鶴公園の桜はそれはそれは見事に咲き誇り、両親の介護に明け暮れる多忙な時期でしたが、桜のおかげで心が和みました。うららかな春の日に撮影ができて今年も幸せを感じながら新年度が幕を開けました。(撮影は4月5日と7日)

(1)

Pict00471_edited11

(2)

Pict01421

(3)

Pict01011

(4)

Pict02251

(5)

Pict05021_2

(6)

Pict01871_edited1

(7)

Pict0275122   

 

2008.04.16

桜のある風景 神社

桜のある風景の三回目は近所の神社です。近所といっても歩いて30分以上かかりますが、けっこう桜が咲いていました。人も少なくてゆっくり撮影できるのですが、桜の名所と違って初心者にはなかなか絵になりにくくて難しかったですね。

(1)神社へ行く階段は三ヶ所ありますが、ここの鳥居の桜はまだ見ごろでした。

Pict0102_edited1_2

(2) 思ったより広い境内の神社です。桜に代わってツツジの時期になりましたね。

Pict01851_edited1

(3)

Pict030711

(4) 

Pict01711

(5)黄色はイモカタバミです。

Pict03291

(5)

11

 

2008.04.15

桜のある風景 小学校

たいていの小学校には桜が植えられていますが、桜の季節に入学式を迎えるというのはいいものですね。母校じゃなくても学校の桜を見ると子供時代にタイムスリップできそうな気がします。福岡市東区の名島小学校には立派な桜の木が何本もあるんですよ! 春休みの最後の日に学校にお邪魔して撮らせてもらいました。

(1) 正門ではなく通用門ですが、やはり桜が植えられています。

Pict00161_edited1

(2)桜の名所にも負けないくらいの豪華さですね!

Pict00131

(3) 人物と桜が重ならないようにチャンスを待ったのですが、誰かが重なるんですよね。難しいものです。

Pict00201_2

(4) 子供があそんでいる風景っていいですね! 

Pict05381

(5)

Pict00632

(6)子供か遊具がおいてないと小学校の桜とは思えませんね。

Pict00581

(7) 別の日に通りかかると、校舎も上にアオサギが飛んできて留まってました! あいにく500ミリしか持ってなかったのでこれしか撮れませんでした。校舎の下にも桜がずらっとさいていたのですけどね。

Pict02821_2

Tbharu00_4

たっくさんのブログTack's PhotoblogのTB企画 全国の春を求めて!に参加しています。

2008.04.14

桜のある風景 ご近所さん

いつも桜の時期に楽しませてもらっているご近所の桜。蕾の時期から花吹雪まで何度も日本人であることを実感させられました。歳を重ねるごとに季節の移ろいに敏感になっていくような気がします。写真のできはどうであれ、お花を撮るのは純粋に楽しいですね! 特に寒い冬が終わって春を告げる梅や桜が咲いてくると心が踊ります。

(1)家族全員がお世話になっている歯医者さんの桜です。電線が邪魔!

Pict01041

(2)角度を変えて、電線を隠してみました。

Pict01171

(3)通り道に咲いている桜。個人所有ではないでしょうね。

_10638252   

(4)こちらは空き地を利用した小さな公園の桜。自転車の二人がもう少し左に来たときをねらえばよかったですね。

_10638061_edited1

(5)

Pict026911

(6) こちらは少し遠い海の近くの公園。新学期も始まり平日の夕方なので人がいませんね。

Rimg00801jpg

(7)桜をアップで。スクエア版。

Rimg00621 

 

2008.04.11

桜咲く春爛漫の香椎宮(2)

天神方面から香椎宮へはJRと西鉄電車で行けますが、香椎は松本清張の『点と線』の舞台にもなりました。今の時期、JRの香椎駅付近の構内には菜の花が咲いて春を感じさせてくれます。もっと群生した菜の花がすぐそばにあるのですが、上の桜とコラボで撮ろうとすると、この菜の花しかありません。もう少し右に寄って撮りたかったのですが、あいにく電柱があって寄れません。本州と九州を結ぶ鹿児島本線ですから、もう少しかっこいい電車も走っているのでが、何しろ菜の花を見たとたん電車を撮ろうと思いついたので、最初に走ってきた電車がこれでした。

画像の左手は踏切で、香椎宮へ続く参道の入り口です。大きな鳥居があり、15分ほど歩けば香椎宮です。画像の上の桜は香椎宮の関係社、香椎頓宮の桜です。

(1)

Pict00031

(2)香椎宮の敷地に入ると弁天池があり、その周りにも桜が咲いています。

Pict016511

(3)丘陵地に咲いていた真っ赤なお花。桃でしょうか? マクロで撮りたかったのですが、足場が悪くて近づけませんでした。

Pict034611_edited1

(4)撮影したのは4月5日(土)だったので外人さんもちらほら見かけました。ドイツ人のこの方とは行く先々で鉢合わせしてお互いに苦笑しながら撮影しました。

Pict02981

(5)この八重の枝垂桜は京都から分けていただいたものだそうです。この桜が一番人気でしたね。

Pict03841_edited1

(6)ムクドリ?ツグミだそうです。legatoさんありがとうございました。

Pict07401

2008.03.20

庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (2)

Pict00871

(1)動植物園に入ってすぐ左が歴史博物館、右手がフンブオン廟。動植物園に廟があるのも珍しいですね。

Pict02111

(2)この国では小さい頃から将来お坊さんや尼さんになるための学校に入る人も多いようです。日本と違って戒律的にお坊さんは結婚できないとか。

Pict04811

(3)12ヘクタールの敷地には高い樹木が生い茂り、本当に楽園という感じです。ホーチミン市の中心にあって排気ガスとは無縁で、しかも静かな環境というのがありがたいですね。

Pict02621  (4)この日はブライダルの記念撮影のほかにモデルさんが登場してコマーシャルの撮影も行われていました。暑い中、何度も歩いたり、同じ動作を繰り返したりモデルさんも大変ですね。アオザイって本当に優雅で素適です!

Pict00381 

(5)以前にも書きましたが、ベトナムでは蓮の花は聖なるお花です。飾るだけでなく食材やお茶などにも利用されています。動植物園には蓮池がありますが、残念ながらあまり手入れは行き届いていませんでしたね。 

Pict00211

(6) トンボもいました!

(7)名前が判らないお花も咲いていました。植物園なので名札がありそうですが、ここはお勉強よりも憩いの場という感じです。

Pict0015111

(8)

Pict01161

(9)

Pict0215112jpg1

(10)ここは日曜日ともなると家族連れで賑わうのですが、園内を走る列車のほかには観覧車などの遊戯施設がないので本当に落ち着ける場所です。

Pict0104121;

(11) 蓮池の近所ではウグイスの鳴き声がしていました。ここは高い木が多く、おまけに葉っぱが生い茂っているので、小鳥の撮影はけっこう大変ですね。ハトより少し大きいくらいの鳥がいました!

Pict06261

2008.03.19

庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (1)

Pict00751_2 (1)ホーチミン市の歴史博物館に隣接するサイゴン動植物園へ行ってきました。中心街から徒歩でも行けるこの動植物園は樹齢100年を越す樹があちこちにあり、都会の喧騒を忘れさせてくれるオアシスでした。

Pict021512

(2) 入り口こそお子様向けですが、どうしてどうして由緒ある立派な動植物園です。設立は1865年、フランス統治時代のことです。入ってすぐ左手が歴史博物館。

Pict00071

(3) この日、結婚式を挙げたばかりのカップルが記念撮影をしていましたので、撮らせていただきました。撮影用のポーズとはいえ、一般市民も役者根性が要りますね。

Pict05661_2

(4) 初めて樹木に蘭が咲いているのを見ました。ベトナムは蘭も変わってるな~と思いきやすぐにからくりが解かりました。根の出ている欄を樹木に縛り付けているとそのうち樹木に根をおろして寄生するんですね。

(5) 視点を変えて同じ黄色い蘭を撮ってみました。

Pict022621_2

(6) 同じく樹木に咲いている蘭。まだ名札が下がってますねぇ。

Pict050811

(7) 日本でもお馴染みのランタナですが、南国のランタナってこんなに可愛いかったのですね。しばし見とれてしまいました!

Pict041811_3

(8) 今の時期はお花が活き活きとして今までで一番綺麗ですが、どういうわけか蝶があまりいませんでしたね。

Pict028211

(9) 鉢植えの蘭ももちろんありましたが、こちらは地に植えられてすくすくと伸びた蘭。2メーター以上の高さなので見上げて撮るしか撮影方法を思いつきませんでした。

Pict07431

(10) 

Pict07632

(11) 日本的なお花も発見! そうそう、盆栽ガーデンもありましたよ!

※ryoiさんからリンゴアザミのようだと教えていただきました。ありがとうございます。

Pict00801

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa