2009.02.03

ビエンチャン(ラオス)にて メコン川に沈む夕陽

旧正月のビエンチャンを旅してきました。26~29日までラオスの首都ビエンチャンに滞在したのですが、27日の夕方、自由時間が取れたので、ホテルから歩いてメコン川沿いを散策してきました。

ビエンチャンのこの時期は乾期で旅行するには一番適しています。でも乾期ということはメコン川に水量がないことでもあるのです。ホテルから10分くらい歩いてメコン川の近くにたどり着きました。

(1)ポツン、ポツンと路上にお土産さんがありました。木に簡単な布をぶらさげそこにラオスらしい絵が貼り付けられていました。その中に夕陽の絵を発見! そうだ、記念に夕陽を撮ろうと思い立ったのでした。

Pict000411

(2)でも露店の近くに川はあるのですが、現地人の家を抜けないと川に出ることはできそうにありません。ラオス語もできず、ニワトリがあちこちにいるので、家を抜けて川にでるのは気がのりません。

Pict00061_edited1

少しうろうろしてみましたが、夕陽撮影ができそうなところはありません。急がないと日が沈みます! 方向転換して今来た道を戻り、そのまま歩いてみました。すると川沿いに何軒かカフェやレストランがあります。やった! インドネシアのバリ島に行った時、夕陽の鑑賞スポットには必ずレストランがありあした! 探す足取りも軽く、心が弾みす! 案の上夕陽が見えるではありませんか!

(3)

Pict001211

(4)う~ん、悪くないけどもう少し水が欲しいな~。しかし乾期というのはこれほどまで水量が少なくなるとは……。何とか水のあるところを探し出しましたが、人がまばらで絵になりません。急がないとどんどん夕陽が沈んでいきます!

Pict00191

(5)さらに歩いて行くと、何とか絵になりそうな場所がありました!

Pict0026_edited11

(6)もう少し右に移動してみると……。うん、行けそうです! ここで陽が沈むまで数枚撮りましたが、これ一枚だけ人物がちゃんと夕陽を見ていました! でもこの画像に気づかず、もう一つのブログ「瑠璃色の光を探して}の方には人物がよそを向いている画像をアップしてしまいました。最初の数枚が全部よそ見をしていたので、てっきりずっと夕陽の方を見てないのだと勘違いしてました。

Pict0033_11edited2

(7)一枚だけでも意図した画像があってよかった! 今回載せたすべての画像はアスペクト比を変えたときにトリミングしただけで、画像はいじっていません。反省材料としては、少し大きな範囲の画像を撮り、トリミングできるようにしておくべきだということです。のんびり癒しのビエンチャン旅行でしたが、思いもよらぬ夕陽まで撮影できてとてもハッピーでした。

Pict00371

※何しろちゃんと夕陽撮影を習ったわけではないので、我流で撮りました。露出を変えたり、WBを変えたり、PCで少し色をつけたり……。素人の我流撮影ですので、間違っていたりアドバイスなどありましたらどうぞよろしくお願いします。

2008.10.06

葛篭(つづら)棚田と彼岸花

棚田百選にも選ばれている福岡県浮羽市の葛篭(つづら)棚田。彼岸花が咲く光景はまさに日本の秋そのものでした。初めて訪れた棚田ですが、彼岸花はもとより人の多さにも驚きました。「瑠璃色の光を探して」に載せきらなかった画像をこちらにアップしておきます。(撮影日:9月22日)

(1)

Dsc077701_2

(2)

Dsc072801

(3)

Dsc076041_2

(4) 

Dsc075961

(5)

Dsc076211

(6)

Dsc076941_edited1_2   

(7)

Dsc074711_edited1_2

(8)

Dsc076761_edited1_2

2008.07.06

雨の日も晴れの日も 箱崎宮 紫陽花園

今日、北部九州は梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番を迎えました。午前中から福岡地方はぐんぐん気温が上昇し、ぎらぎらと燃えるような太陽が照りつけています。数日前に訪れた山間部ではまだまだ美しい色づきの紫陽花がたのしめますが、平野部の紫陽花は終焉を迎えようとしています。

今年は東区にある箱崎宮の紫陽花園によく通いました。6月いっぱいで紫陽花園は閉館になりましたが、開園中は梅雨と重なって雨が多かったように思います。雨が似合う紫陽花ですから、雨の日もよく通いました。晴れの日はもっと喜んで通いました! 雨の日も晴れの日もよく通った紫陽花園。閉園になってちょっぴり寂しいですね。

(1)

Dsc039911_2

(2)

Dsc0415451_2

(3)

Dsc042341

(4)

Dsc039391

(5)

Dsc0385431

(6)ここからは雨の日の紫陽花園です。

Dsc024031

(7)

Dsc019351 

(8)

Dsc019101

(10)

Dsc023911

もう一つのブログ「瑠璃色の光を探して」にも紫陽花園の紫陽花を載せています。

2008.06.22

初夏を彩る花菖蒲 宮地嶽神社

四季折々にお花が咲き、松ケ枝餅もある宮地嶽神社。撮影地が限られている地方都市の福岡では桜が咲いては宮地嶽神社へ行き、紅葉の季節が来れば宮地嶽神社へ飛んでいきます。舞鶴公園と並んで私が最もよく利用する撮影地の一つです。今日は初夏のお花、花菖蒲と紫陽花が咲く宮地嶽神社をご紹介します。

(1)ここの花菖蒲は江戸菖蒲。豪華さはありませんが、楚々として美しく、数が揃えばそれなりに華やかです。本殿に置かれた花菖蒲をどうぞ。

Dsc018621_2

(2)山を入れて縦位置で。

Dsc018711_2

(3)宮地嶽神社で花菖蒲が楽しめるのは本殿だけではありません。少し奥に行き斜面を降りたところに民家村自然公苑があります。そこの菖蒲池にも色とりどりの花菖蒲が咲いています。今年は白系統のお花が多かったですね。

Dsc031661_2

(4)ここは民家村というだけあって各地から民家が移築されているんですよ。民家村にある菖蒲池ですから、雰囲気はのんびり、ゆったりとしています。 お花の時期には老人施設のお年寄りがお花見に来たり、素人カメラマンが真剣に撮影していたり、カップルがのんびりとくつろいでいたりします。ちょっとタイムスリップしたような実にいい風景でしょう!

Dsc03697jpg1

(5)そして今の時期、花菖蒲以外にも咲いているお花があるんです!この池を見下ろす斜面のところどころに紫陽花が 植えられています。

Dsc0106411_2 

(6)同じ紫陽花を菖蒲池を背にして撮ってみると……。

Dsc0107211

(7)せっかくの民家村ですから、やはり紫陽花と民家のコラボで!民家村の紫陽花は主役を花菖蒲にゆずって、民家の裏側にひっそり咲いていたりするんですよ。

Dsc010891_2

(8) 南国らしい紫陽花とやしの木とコラボです!

Dsc0108411_3

(9)

Dsc009391

(10)最後は雨の花菖蒲です。

Dsc00066_31

※もう一つのブログ「瑠璃色の光を探して」にも宮地嶽神社の花菖蒲をアップしています。

 

2008.06.17

仲良くじっとしてるんだよ

Dsc036501_2

この気持ちよく解りますね~。 自然はこちらの都合で咲いてはくれませんものね……。

※PCの調子が悪く、メディアから新しい画像が取り込めなくなったので今日は在庫から。

2008.06.07

マンションのヤマボウシ(山胞子)

私が住んでいるマンションには数本のヤマボウシが植えられています。いっせいに十字架が並んだようなヤマボウシはユーモラスでかわいいですね! 裏玄関に咲いているヤマボウシも撮影しました。ちょうどマンションの廊下から撮影できるので上から撮ることができました。

(1)

Dsc022111

(2)

Dsc022071_2

(3)こちらは前回(一週間前)に撮影した中庭のヤマボウシ。

Dsc056291

(4)

Dsc053921

もう一つのブログ「瑠璃色の光を探して」にもヤマボウシをupしています。

2008.05.25

庭園の春薔薇

夏日を迎えたと思ったら、予想以上に薔薇の開花が早いですね。薔薇は構図も色もすべて難しいのでじっくりと取り組みたいお花です。今年も何とか撮影してきましたが、いつものマンネリ化した薔薇撮影を打破することはできませんでした。集中してくるとつい同じような構図になってしまいますね~。人気の薔薇は見物客も多く、混雑した中で撮るのは大変ですが、今年もば春薔薇の撮影ができてよかったです!

(1)午後の早い時期は人出はそれほどでもなかったのですが、ライトアップを迎える頃はすごい人でした!

Dsc043401

(2)

Dsc0476411_edited1

(3)

Dsc045681_1edited1

(4)

Dsc044001

(5)

Dsc046471_2

(6)

Dsc044031

(7)これは庭園ではなくて公園の薔薇。

Dsc037731

(8)

Dsc038661_edited21

瑠璃色の光を探して」 にもアップしています。

   

2008.05.17

赤間宿界隈を散策してみました

赤間(宗像市)には参勤交代のために作られた唐津街道があり、赤間宿と呼ばれていました。街道沿いには今でも当時の家業をそのまま続けている商家もあり、なかなか興味深いところです。辺りの様子も交えて赤間宿を見てみたいと思います。

(1)唐津街道はJRの教育大前からすぐのところにあります。大学があるせいかこの辺りは住宅地になっていますが、少し離れると農家がたくさんあります。こうやって写真を撮ってみると、唐津街道は川の流れと同じ方向で作られてるのが判りますね。川の左手に唐津街道があるのですが、その昔、参勤交代のお殿様もかごの中からこの山を眺めたにちがいありません。

Dsc014421_3

(2)少し離れるとこんな風景が広がっています。

Pict07481

(3)

Pict00331

(3)さて唐津街道ですが、最も当時の様子を残しているのが造り酒屋の勝屋さんです。

Dsc012851

(2)寛政2年の創業だそうです! 

Dsc012731_edited1_2

(3)こちらは出光石油の創始者、出光佐三氏の生家。(1)で見た山が遠くに見えます。

Dsc016811

(4)店は閉じていますが屋号をちゃんと残していますね。

Dsc014151

(5)

Dsc0159612

(6)こういう町並みが街道の両側に続いています。

Dsc010571

(7)唐津街道の入り口に須賀神社があり、宗像三賢人の一人「節婦阿政」が祀られています。なぜお政さんが賢人なのか調べてみると……現代の尺度とはちょっとちがうような気もしますね~。

両親を早く亡くしたお政は、ある日家督を継いだ親代わりの兄夫婦から縁談を勧められます。相手は大庄屋の息子です。でも父の遺言でお政には本家筋に当たる許嫁(いいなづけ)がいたのです。彼はとても貧しいので、兄夫婦はお金持ちの庄屋の息子との縁談を強く勧めます。育ててくれた兄夫婦への義理もあり、かといって父の遺言も無視できず、お政さんは悩んだ挙句とうとう自害してしまいました。頼山陽の著書にもこのお政さんが出てくるそうですよ。う~ん、現代の尺度だとどうなんでしょうね?

Dsc009861_edited1_2

唐津街道から車で10分くらい行くと、正助ふるさと村というところがあるのですが、正助さんはとても親孝行だったそうです。きっと宗像の人は親孝行で礼節をわきまえた人が多かったのでしょうね!

唐津街道の町並みは「瑠璃色の光を探して」にも載せています。

2008.05.08

庶民のお祭り博多どんたく 2008

ゴールデンウィークの3日と4日は博多の街はどんたく一色に染まります。今年もお天気に恵まれて老若男女が博多の街を練り歩きました。現在では各地からどんたく目当てに観光客が訪れ、沿道は多くの人であふれかえります。参加者も趣向を凝らして年々華やかになっていくようですが、参加者は福岡県民だけでなく、各地、各国から思い思いの衣装でどんたくを盛り上げてくれます。瑠璃色の光を探してにも画像をupしていますので、どうぞご覧ください。

(1)どんたくの定番はやはりこれ! おしゃもじは欠かせませんね~。

Pict013611

(2)アジアに近い九州ですから、アジアの子供たちの参加も目を引きました。民族衣装を着てる子もいましたね。

Pict01761

(3)

Pict03231

(4)

Pict03211

(4) もちろん日本各地からご自慢のパーフォーマンスで参加です。

Pict00231

(4)

Pict02941

(5)こちらは沖縄からの参加でしょうか?

Pict06841

(6)参加は各種学校、企業、団体などさまざまですが、みんなそれぞれ楽しんでしました!

Pict055511

(7)

Pict022311_edited1

(8)

1

(9)

Pict00091

2008.05.05

レフレックスレンズ(500ミリ)で蝶撮影! ナミアゲハ

福岡市内ではなかなか蝶撮影のチャンスに恵まれませんが、やっとナミアゲハを見つけました! 一昨年は実家の近所でもたくさん蝶がいたのですが随分少なくなりました。「瑠璃色の光を探して」にアップしきれなかった画像をこちらに載せて起きます。

(1)

Pict004511

(2)

Pict00112

(3)

Pict00461

(4)

Pict00051

(5)

Pict00131

(6)

Pict003411   

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa